アルプス山脈を意識したヨーロピアンスタイルの仕上げにこだわった暁。それを実現し得たのは、日本の職人達の卓越した技術があってこそでした。ベルギーから輸入した幅広の厚板を利用したフロアや、地元ニセコひらふの温泉で長年使用されていたリサイクル木材など、建物全体に自然素材がふんだんに使用されています。ラフな印象を受ける木材とは対照的に、現代的なコンクリートやガラスの使用、そして豪華な調度品がアクセントとなり、自然素材との見事なコラボレーションを生み出しています。外壁のスギ材はあえて加工を施さず、今後何年もかけて自然な風化でシルバーグレイへと変化して行くことにより、建物は歳月とともにその姿を進化させていきます。

暁には、5室の専用バスルーム付き寝室があり、その内の1室には2段ベッドとソファスペースが備え付けられ、子供達が“こどもらしく”楽しく過ごせる造りになっています。ひらふのミドルビレッジの断崖に建てられた理由は、そこからの息を飲むほどの景観美。東向きで、羊蹄山から昇る日の出の眺望は、「暁」という建物名にふさわしい素晴らしさです。

最上階にあるリビングルームのアーチ型の天井は、ちょうど絵画の額縁で切り取ったように羊蹄山を映し出し、ゆったりと広いバルコニーは、夏期間に家族や友人達とバーベキューを楽しむのに最適です。一日中スキーやボードなどアウトドアを楽しんだ後は、家族全員で一緒に入れる広さのスパルームで、疲れた筋肉をほぐしながら、ゆったりとリラックスした時間を過ごすことが出来ます。

平成25年4月竣工