もともとある家を、全く生まれ変わらせるという、全改装により生まれた家。
リビングルーム、ダイニングルーム、そしてキッチンを全て2階へ移動させることにより、ユニークな屋根の垂木や吹き抜け天井、そして景色を最大限に引き立たせるレイアウトになりました。もともとはごく普通の2ルーム、1バスルームのコテージだったこの家が、3ベットルーム、2バスルーム、そして掘りごたつのある広々としたリビングルームを持つ素晴らしい家へと生まれ変わりました。

テーブルとカウンタートップには、地元ニセコエリアの木材を使用。見事なニレの木、バーチ、そしてタモの木目はそれぞれこの家にユニークな個性を加えています。ハンドメイドにより完成したドア、障子戸から、現場で作成されたダイニングテーブルまで、各木材への細かいこだわりが、この家に深みを与えてくれています。また、いくつもの異なるパターンにより施された塗り壁は、シンプルな白塗りと伝統的なダークブラウンの木材をより引き立たせています。