~建物の再生~ これはTAIGAが得意とするプロジェクトの一つです。『高峰』は、印象的な柱や梁が特徴の、クラシックな山荘を再イメージして改装された山岳シャレー(別荘)です。2015年に全面改装終了。既存の部屋割りをひっくり返し、最上階のアーチ形天井下にオープンリビング/ダイニング/キッチンを配しました。白の塗装を施した北米ダグラスファー(米松)の柱と梁が、室内に現代風な雰囲気をもたらします。カスタムキッチンをはじめ、ダイニングのビュッフェ用テーブルやソファなど、隅から隅までカスタムデザインを用いた調度品は、埋め込み式照明によって優雅に照らし出されます。ダイニングテーブルには、天然の白色が美しい北海道原産の木材、セン(栓)を使用しています。

旧建物ではLDKだった2階は、広々とした専用バスルーム付ベッドルーム×2部屋に、ガレージだった地階は、子供用二段ベッド付寝室とTVエリアに生まれ変わりました。

夏・冬の季節を問わず、『高峰(KŌHŌ)』は家族や気のおけない仲間と楽しい時間を過ごしたり、一人読書を楽しんだりするのに最適なマウンテンリゾートの素敵な隠れ家です。本物件の宿泊予約詳細につきましては、「宿泊施設」ページをご覧ください。

設計・プロジェクトマネジメント by TAIGAプロジェクト